IT資産管理

IT資産管理とは

IT資産管理とは、会社で保有するIT機器、ソフトウェア、ライセンス、電子データなどのIT資産を管理することです。
ハードウェア、ソフトウェアに関する様々な情報を把握し、適切な管理を行うことは
ライセンス適正化によるコスト削減にもなり、情報セキュリティ対策としても有効です。

デジタル端末・情報の多様化、業務のデジタル化が進む今、IT部門は会社のIT資産を守るだけではなく、
効率的な情報活用や業務効率化、巧妙化するサイバー攻撃に対する知識や技術の習得など業務が多岐にわたります。

ISM CloudOneならシンプルマネジメントでIT資産管理を行うことが可能です。

ハードウェア・ソフトウェア管理

社内で利用されているクライアント端末のハードウェア情報を自動的に収集し、レポート化

社内で利用されているクライアント端末のOSやメモリ、ハードディスクなどのハードウェア情報を一覧で表示します。
各クライアントに対して個人設定の確認・変更、緊急操作やインベントリの即時収集などができます。
また、柔軟なフィルタリング設定で棚卸しにかかる工数を大幅に削減します。

ハードウェア管理

【一覧表示できる項目】
ハードウェア名/クライアント種別/利用者名/グループ名/OS/IPアドレス/インベントリ取得日時/ポリシー名 等

社内でインストールされているソフトウェア情報も一元管理

管理端末にインストールされているソフトウェアをレポート化します。
ソフトウェアをクリックすればそのソフトウェアがインストールされている端末一覧を表示できます。
日々最新の情報を見て、不審なソフトウェアがないかの確認も可能です。

ソフトウェア管理

【一覧表示できる項目】
ソフトウェア一覧/実行ファイル一覧/ウイルス対策ソフトウェア一覧/
ライセンス過不足一覧/VPPライセンス管理一覧/ソフトウェアのインストール日 等

さらに詳しく「ハードウェア・ソフトウェア管理」を紹介

ハードウェア契約管理

リース・レンタルしている端末の契約日等を登録することで契約の見直しや確認が可能です。

主にクライアント端末のリース・レンタルなど端末ごとの契約先や開始・終了日、金額等の契約情報を登録できます。契約情報はクライアントに関連付けることができるので社内にある端末の契約情報の一元管理が可能です。期限切れの契約がないか、契約数以上の割り当てがないか、といった把握もできるため、管理者は契約の見直しや確認を正確に行えます。

ハードウェア契約管理

さらに詳しく「ハードウェア契約管理」を紹介

ライセンス管理

ソフトウェアの状況を可視化、ライセンス利用状況をレポーティング

Microsoft Office製品やAdobe製品等を管理できる、
管理台帳機能を搭載しています。ライセンス種別や形態、インストール状況等の詳細を表示します。
保有ライセンス数と突き合わせることで、ライセンスの過不足状況を可視化し、適切なライセンス管理の運用を支援します。

ライセンス管理

ファイル・ソフトウェア配布

クライアント端末にソフトウェアの一斉配布ができ、工数が劇的に削減

セキュリティパッチの適用や、管理者が任意に設定したファイルなど、クライアント端末への一斉配布が可能です。

さらに詳しく「ファイル・ソフトウェア配布」を紹介

リモートコントロール

インターネット経由のリモート操作で、業務の効率化を実現

社内ネットワークにいなくても管理端末を遠隔で操作することが出来ます。

ヘルプデスク業務の工数削減や、遠隔拠点の対応にご活用いただけます。

さらに詳しく「リモートコントロール」を紹介

グループ企業管理(関連顧客管理)

グループ企業のセキュリティレベルを一目で把握

グループ企業のセキュリティレベルを総合診断しダッシュボードで表示。
詳細を確認したい場合は、ダッシュボードまたはメニューバーから確認したいグループ会社のアカウントに切り替えることも出来ます。
各グループ会社のセキュリティレベルや問題のある端末台数を表示します。

試して実感!ISM CloudOneの選べるトライアル

選べる2つのトライアルで、圧倒的な使用感をご体感ください!

サンプルの端末情報で、ダッシュボードでの管理作業のシミュレーションを体験できる「疑似体験サイト」、
あなたの会社の端末情報を収集して、セキュリティレベルを診断し、
30日間実際のサービスを利用できる「無料トライアル」から、お選びいただけます。ぜひお試しください!

お申し込みは5分で完了 すぐに利用可 クラウド環境で提供サーバーの準備は不要