ふるまい検知オプション

5つのエンジンで未知の脅威をブロック

静的・動的分析で未知の脅威からエンドポイントを防御

1つめの「ZDPエンジン」でゼロデイ攻撃を防御します。
脆弱性防御で防御できずマルウェアが侵入してしまった場合、2つめの「Staticエンジン」でプログラムの構造を分析します。3つめは「Standboxエンジン」です。マルウェアの特徴を抽出して数値化して、仮想化環境を構築した上で実行させることにより未知のマルウェアを検出します。
4つめは「HIPSエンジン」で実際に動かした場合の挙動を監視します。最後の5つめは今までのナレッジをデータベース化し挙動を監視する「機械学習エンジン」で未知のマルウェアを検出します。

5つのエンジン

マルウェア検知情報を一覧で把握!

マルウェアが検知された端末を一覧で確認できます。また検知された際は管理者にアラートを送信することができます。管理者は一覧から該当の端末をクリックすることで、検知されたマルウェアの情報や駆除ステータスなどを確認することができます。

検知されたマルウェアはクライアント側にポップアップを表示し、起動を制御します。また、検出されたマルウェアは、クライアント側から駆除することが可能です。

防御実績

ランサムウェア「PETYA」
ファイルレベルで暗号化を行うものが一般的だったが、ディスクレベルで暗号化がされるマルウェア
未知のマルウェア「Emdivi」
日本年金機構への標的型メール攻撃で使用されたマルウェア
不正送金マルウェア「URLZone」
国内のオンラインバンキングユーザーを狙った不正送金マルウェア
バンキングマルウェア「SHIFU」
“複合機からの自動送信”を装いWord 文書ファイルを実行してしまうことで感染するマルウェア
ランサムウェア「Locky」
多言語に対応した暗号化型ランサムウェア
ランサムウェア「TesisCrypt(wwウイルス)
Adobe Flash Playerの脆弱性(CVE-2015-12など)
など

ISM CloudOneの機能を使って課題を解決!ISM CloudOne 30日間無料トライアル

あなたの会社のセキュリティレベルをチェックしませんか?

すべてのデバイスを可視化して一元管理できるシングルコンソール(管理画面)で、
あなたの会社のセキュリティレベルを今すぐチェックできます。

お申し込みは5分で完了 お申し込みの翌日から利用可能 クラウド環境で提供サーバーの準備は不要