課題・解決事例集

会社のPC4000台の管理工数とコスト削減を同時に実現した方法

【背景】国内外のグループ会社を含めて4000台のPCを管理

ビジネスにおけるITの活用が不可欠の今、企業という組織体は数多くのPCを持っている。セキュリティ対策やコスト削減の観点からも、それらをいかにして効率良く管理するかが、これからの企業にとって大きな課題の一つとなっている。

今回は、クオリティソフト株式会社が提供するクラウド型IT資産管理ツール「ISM CloudOne」の導入事例を参考に、セキュリティ対策やコスト削減を実現するIT資産管理の方法について紹介しよう。

【課題】IT資産管理ツールの早急なリプレイスと
増え続けるコストの削減

<想定企業>
IT関連会社K社 情報システム部門

2013年夏、Windows XPのサポート終了に伴い、K社ではOSをWindows 7に切り替える作業が始まっていた。そしてその過程の中で一つ、思わぬ事態が発生していた。これまでK社が利用していたIT資産管理ツールが、Windows 7では利用できないことが突然、判明したのだ。

正確に言えば、そのツール自体はWindows 7でも動作はする。だが、サードパーティが提供する外部モジュールの一部がWindows 7に対応していなかった。そして、そのモジュールで追加される機能こそK社にとって必須なものだった。結果、残された時間も少ない状況で、新たなIT資産管理ツールを探す必要に迫られることとなった。

しかし、K社にはもう一つ、早急な対応を必要とする課題があった。それは増加し続けるIT関連コストの削減である。

IT資産の充実とコストの削減という二律背反

当時、K社では関連会社も含めて4000台のPCを利用していた。海外展開やスマートフォンやタブレットといったスマートデバイスの対応などの状況も考えると、今後もIT資産は増え続けることは確実。だがIT資産が増えるということは、それに関連するコストも増加し続けるということだ。そのため、新たに導入するIT資産管理ツールは、コスト削減が実現できるものである必要があった。

その他にも、4000台のPCに対するライセンス管理や海外のグループ会社からの問い合わせ対応なども必要となる。そして、これらを実現するために残された猶予は、段階的に移行するにしても1年未満。このような、非常に切羽詰まった状況で、いくつかの実績のある企業に声を掛け、コンペを行うこととなった。

課題・問題のポイント

  • OSの切り替えに伴い、IT資産管理ツールの早急なリプレイスが必要
  • 認められた端末のみ、社内ネットワークへのアクセスを許可
  • 増え続けるコストを削減する施策の実現

【解決策】海外端末管理もスマートデバイス管理も一元管理。
加えてコスト削減も実現

コンペに参加した企業は4社だったが、結果はほぼ当日中に決まった。

選ばれたのはクオリティソフトの「ISM CloudOne」。理由は、セキュリティ対策とIT資産管理という2軸を1つのツールで行うことができること。これは今後行おうとしていたセキュリティ対策にかける費用の大幅削減に繋がった。また、機能面でもランニングコストの削減を実現できる事がわかった

ISM CloudOneには、この製品の一番の特徴である「自動脆弱性診断」が決め手のひとつとなった。
自動脆弱性診断は、OSのセキュリティパッチの適用状況やウイルス対策ソフトの導入状況や加えてソフトウェアのアップデート状況といった項目から企業全体のセキュリティレベルを5段階で診断してくれる。改善ポイントも記載されているため「何をすればいいか」がひと目でわかる。またPCのぜい弱性診断、スマートデバイスの脆弱性診断といったカテゴリ毎の診断も表示してくれる。
また、ネットワーク機器とのAPI連携も決定要因になった。管理端末以外を遮断したり、自社のポリシーに準拠していない端末は検疫ネットワークに隔離できる。そういった管理をISM CloudOneでできることは大きな魅力だった。

もう一つ、決定に大きな影響を与えたものが「印刷コストを削減する施策」である。企業において、印刷コストの増加は非常に頭が痛い問題である。「社内で使う資料は1枚に複数ページでモノクロ印刷」とルールで決めていても、なかなか徹底されずコスト削減ができない状況が多い。

「ISM CloudOne」の場合、印刷の設定も管理者側で集中管理ができる。つまり、通常のカラー印刷の設定を「A4サイズ・1枚に4P分・モノクロ・両面印刷」に固定してしまえば、1枚に1P印刷するよりも、コストを単純計算で1/8まで削減することになる。

このような多方面におよぶ細かい設定を、国内外も含めた4000台について一括して管理できるため、大きなコスト削減施策が実現できる。これが「ISM CloudOne」を選択した大きな理由だった。もちろん、その他の要件にあった「海外子会社対応」や「スマートデバイス対応」という点においても、「ISM CloudOne」は十分に要望を満たすレベルにあった。

K社が抱える課題は、サービス導入が決定して終わるものではない。むしろ問題はここからだった。残されたわずかな期間で、問題なくリプレイスができるかどうかである。そしてここからは、まさに駆け足と表現するにふさわしいスケジュールが実行されることとなった。

2013年
9月 「ISM CloudOne」の導入が決定
10月初旬 評価環境の作成
10月中旬 評価開始
11月初旬 評価終了。
クオリティソフトに追加機能のリクエスト
12月初旬 正式発注。導入作業開始
2014年
3月 一部環境において稼動開始
5月初旬 全ての環境において運用が開始

上記のように、実質半年で「ISM CloudOne」の導入が完了することとなった。この間は、K社、販売代理店、クオリティソフトが互いに協力し合い、作業を進めた。

「K社様は、誰もが知っているグローバル企業です。ですが、今回の作業に関わった情報システム部門の方々は10人にも満たない状況でした。互いに協力して進めなければ、とても間に合いません。ですからわれわれも、個別の技術支援はもちろんのこと、導入支援セミナーを開催するなど、できる限りのことを行ってきました。5月に導入が完了した時は心の底からホッとしました(笑)」(クオリティソフト株式会社 営業担当O氏)