課題・解決事例集

複数拠点、店舗のPC・タブレットを、手間なく管理する方法

背景

複数拠点・店舗における端末管理の課題

平成28年度の総務省の統計によると日本にある約387万企業の内、複数拠点を持つ企業は80.2%にも及ぶ。

複数拠点をもつ企業は、コンビニやスーパーといった卸・小売業をはじめ製造業、サービス業といった従来の業種もあれば美容院やエステなどの生活関連サービス業や情報通信業など業種業態問わず増加している。
中でも飲食店やスーパー、アパレルショップのように複数店舗を展開している企業は、本社で使用している端末と、店舗で使用している端末の両方を会社の資産として把握しておく必要がある。

しかし本社にいながら、離れている店舗で端末がどのように使われているのかを把握することは難しい。

そこで今回は、本社と離れている拠点や店舗におけるクライアント端末管理の課題について、アパレルショップを例にクオリティソフト株式会社が提供する、脆弱性検出型クライアント管理クラウド「ISM CloudOne」による想定運用をご紹介する。

<想定企業>
某アパレルショップ(全国展開15店舗)

背景・問題

本社から離れている、拠点・店舗における端末の利用状況が不明

アパレルショップのように店舗でパソコンを使う場面というのは、在庫管理やPOSシステムとしての用途がほとんどだろう。また店頭接客がメインであるため、本社勤務の社員とは異なり1台のパソコンを店舗に勤務している全員が使う共有端末として使われているケースが多く、これらの端末は社内ネットワークに繋がっていない。そのため、店舗のパソコンにどのようなソフトウェアがインストールされていて、どういう状態なのか?というのを本社にいる情シスは把握することができない。

しかしインターネットには接続されているため、これらの端末が何かをきっかけにマルウェア感染してしまう可能性もある。

さらに、店頭接客におけるタブレットの活用もはじまり、来店客へ試着をしなくてもコーディネートのイメージ画像をタブレットで見せることが可能となった。

これらタブレットに関しても、初期設定で専用のアプリケーションをインストールして店舗で使い始めて以降、端末の管理は店舗ごとに任せっぱなしになっているのが現状だ。

このように、本社にある情シスで、複数拠点の端末利用状況が把握できていないことにより、いくつか課題が浮かび上がってきた。

<課題>
■ 複数拠点における、端末の利用状況が把握できていない
■ 拠点が離れているため、不具合時に電話指示でしか対応することができない
■ タブレット端末の利用状況が把握できていない

解決

インターネット接続のみの拠点端末でも、資産情報とセキュリティを一元管理!
■ 対象端末がインターネットにさえ接続されていれば、管理対象に
■ インターネットリモコンで拠点・店舗へのヘルプデスク業務を効率化
■ マルチデバイス対応で、本社のパソコンと一緒に拠点のタブレットも管理可能

1.国内外複数の拠点・店舗の端末も、本社でかんたん一括管理

拠点ごとに情シス担当を置くことができなくても、管理したい端末がインターネットにさえ接続されていれば、「ISM CloudOne」で一括管理可能となる。
また、海外拠点の端末も対応可能だ。「ISM CloudOne」では、該当する端末のハードウェア情報やインストールされているソフトウェア情報の収集、またOSの最新バージョンへの強制アップデートの実施など、拠点端末の管理も工数をかけず行うことができる。

2.インターネットリモコンでヘルプデスク業務を効率化

海外拠点を含む社内ネットワークに接続されていないパソコンへのリモートコントロールも可能だ。拠点の端末でトラブルが起きても、なかなか現地に行くことができない場合のヘルプデスク対応を効率化。管理者と拠点端末双方向のファイル転送も可能なため、拠点端末のログ回収や必要な対策パッチの送付など、必要なファイルのやり取りにも役立つといえる。

3.スマートフォンやタブレットも端末とまとめて管理!

社用のスマートフォンやタブレットの管理も端末と同じ管理ができる。2016年11月に管理画面の大幅リニューアルを行ったが【マルチデバイス】管理という根本のコンセプトは変わらない。端末もスマートデバイスも1つのコンソールで一元管理できるのがISM CloudOneだ。

また「ISM CloudOne」の特長の1つが自動ぜい弱性診断機能だ。この機能を有効的に活用することにより社内外の端末のセキュリティレベルを5段階のゲージで確認することができる。

拠点ごとに使用しているアンチウイルスソフトが異なる場合でも、自動で最新版かどうか診断できるようになっているので、管理者のセキュリティ維持にかかる工数を大幅に削減することができる。

このように「ISM CloudOne」は、本社のみならず海外を含む拠点端末の管理工数を大幅におさえ、クライアント管理にかかる手間を削減することができる。

離れている拠点でも、本社にいながらにして運用管理が可能なため、今回のように複数拠点を有する企業の情シスにはぜひ活用いただきたいツールだ。

1ヶ月無料お試しもあるので、実際に評価で自社の運用に当てはめて体験してみてはいかがだろうか

無料お試し&詳細はこちら